相手の反応からコミュニケーションを修正していますか?

対人関係の上手な人は、関わり方の修正も上手です。

「相手の反応が自分のコミュニケーションの成果である」という言葉があります。NLPの前提といわれる考え方です。NLPでは、いくつかの前提があります。そして、前提とされている考え方を軸に、その場その時に最適な行動を生み出し、選択できるようにします。

では、「相手の反応が自分のコミュニケーションの成果である」について詳しく見ていきましょう。

相手の反応について考えると見えてきます。相手の反応は、あなたのコミュニケーションによって引き起こされます。どんな言葉を伝えるか、何を語るか、どのような態度を取っているかで変わります。あなたの言葉や非言語が情報として相手の中に入ります。そして、相手の考え方などに基づいて反応を引き起こします。

対人関係が上手になりたい場合、この原理を知ることは大事です。なぜならば、あなたの関わり方一つで、相手の反応が変わるからです。

見方を変えると。相手が不快を感じていたり、感情的になっていたり、望ましくない反応をしているとします。それはあなたのコミュニケーションの成果です。対人関係を上手にしたいなら、あなたの関わり方を修整します。相手の反応はどうして引き起こされたか?という考え方を軸に、あなたの関わり方を決めて、修整します。

「相手の反応が自分のコミュニケーションの成果である」というNLPの前提は、人は、言語や非言語の情報に基づいて反応を引き起こしている。ということを教えてくれています。

コミュニケーションギャップを作るものとは?

コミュニケーションにおける認識のスレ違い。

上司と部下の間では、けっこう起きています。
例えば、部下の悩みは上司にしてみれば、既に乗り越えてきた
問題や課題であることがあります。そこで起きがちなことは、
既に経験を積んだ上司の言葉で語ってしまうことです。

例えば、取引先とのプレゼンテーションがあったとします。
そして、プレゼンテーションのやり取りをフィードバックして、
よりよい企画書に落としこむとします。

この時に、プレゼンテーションに対するフィードバックをする時に、体験経験を積んだ上司と、体験をあまり積んでいない部下ではフィードバックに対する認識の違いが生まれているかもしれません。

この認識の違いが、コミュニケーションのスレ違いを生みます。
コミュニケーションギャップやミスコミュニケーションとは認識の違いで起きます。

NLPでは、認識の違いを埋めるために、
共通認識や共通言語の大切さを教えてくれます。
対人関係では、確実に留意しておきたい点です。
先程の例で言えば、上司と部下の認識を合わせます。

例えば、上司にとってのフィードバックとは、お客様の反応や要望から、発想を活性化して、よりよい内容をつくりあげて提案するこかもしれません。

一方で、プレゼンをした部下のフィードバックは、
お客様にOKをもらうための細かな改善かもしおれません。

このように、フィードバック1つとっても使う言葉は同じでも意味が違います。
逆に、意味は同じでも、使う言葉が違うこともあります。

対人関係の上手な方は、このような共通言語と共通認識を合わせています。共通認識と共通言語は、コミュニケーションの基本であり、必須の能力です。

相手の立場にたってコミュニケーションを取れていますか?

相手の立場にたって想像できるかどうかが、
対人関係に大きな違いを生んでいます。

あなたは、相手の立場にたって、コミュニケーションを取れていますか?
対人関係の上手な人は、常に相手の立場にたって想像し、考えています。

慣れれば、相手の立場にt立つことはできますが、
慣れていないと、相手の立場に立つことは難しいのです。
しかし、相手の立場に立つというのは慣れです。
意識して相手の立場で想像し、考えた数です。

場数を積み重ねることで、感性が養われていきます。
大変なのは最初です。どのように相手の立場に立てばいいのか?
ここが見えてくると取り組みやすくなります。

取り組む際の一つの方法として、NLPのポジション・チェンジの考え方が有効です。NLPのポジション・チェンジは、対人関係を改善したり、さらに良くするワークです。ポジション・チェンジのワークのエッセンスは日常の対人関係に役立ちますので、具体的なエッセンスをお伝えします。

NLPのポジション・チェンジは3つのポジションについて教えてくれます。
1、自分のポジション(主観的な視点)
2、相手のポジション(相手の立場に立った視点)
3、第3者のポジション(客観的な視点)

相手や第3者になりきって、気持ち、感情、思考にフォーカスします。すると、相手のポジションでは、相手の立場をイメージしやすくなります。第3者のポジションでは、客観的にものごとを見て・聞いて・判断して・行動を取りやすくなります。すると、相手の講座講座小野中に、「この人は分かってくれている」という気持ちが生まれます。

このように、なりきるということ・なりきった上でのフォーカスが、
対人関係え、相手の立場や客観的な視点を身につける上で有効です。

やるとやらないでは、あなたの思考・感情・判断・行動に違いがでます。相手なりきることで、対人関係を豊かにしましょう。

対人関係と心の豊かさ

「どうして対人関係を良くしなければならないの?自分一人でも生きていけるよ」

という方がいました。

その後数年経って、彼は仲間と一緒に楽しく過ごしています。
また、仲間以外の新しい出会いにおいても、対人関係を大切に考えて、
相手を大切にしながら、コミュニケーションを愉しんでいます。

一体何が起きたのでしょうか?

ここからは対人関係が良くなったり、改善されることで、
何が起きるかについてご紹介していきます。

具体的には冒頭の質問、
「どうして対人関係を良くしなければならないの?自分一人でも生きていけるよ」
に答える形で進めていくのがベストかと思います。

では、お伝えしていきます。

・自分の心や気持ちが豊かになるから
・人生がより愉しくなるから
・対人関係が人生の充実感を作るから
・人を大切にすることで自分も大切にされるから

など、いくつもの答を出すことができます。
中でも、対人関係の充実が、人生の豊かさ・愉しさ・充実感に
つながるということが大きいです。

そこから、様々な出会いやチャンス・学びにもつながります。

その時に肝となるのが、
自分自身が人を大切にするという気持ちと在り方、
そして、コミュニケーションの取り方です。

コミュニケーションの取り方については、学べば学ぶほどに
良くなり、対人関係に活かすことができます。

また、対人関係を豊かにするために一番大切なことは、
「信頼関係」です。NLPのコミュニケーションでは、
コミュニケーションの前提は信頼関係にあると教えてくれています。

それくらい信頼関係(NLPではラポールと言います)は大切です。
冒頭の男性は対人関係を良くする価値に気づいて、
少しづつ改善に取り組んだ結果、変化したのです。

次回は、信頼関係について詳しくお伝えしていきます。

相手の心の声に耳を傾ける

コミュニケーションスキルの傾聴を学ぶことで、
あなたの対人関係が発展します。

この場合の発展とは、関係性が深まる進化するという意味です。
例えば、今までは顔見知りで終わっていた人との信頼関係を
築いたり、仲が良い人との」関係をより深い信頼関係や
深い人間関係にしていくことができます。

ですので、NLPセミナーやコミュニケーションセミナーなどで
学ぶことのできる傾聴を使うことは、あなたにとって必要とも言えます。
しかし、そこには疑問も生じます。

今のままで問題ないのに、
どうしてわざわざ傾聴を学んだほうがいいんですか?

そうなんです。
新しいことをわざわざ、学ぶ必要がポイントです。

では、ここで一つ、どうしてあなたが今、
傾聴を学んだほうがいいのかについてお伝えしていきます。

実は、次のゆな使い方と変化を得ることができるからです。
それは、傾聴を使ってコミュニケーションを行うことで、
相手の話をどんど聞くことができるからです。

そして、話を聞く中で相手の考え方や感じ方、
それらの根本にある信念を知ることができます。
信念とは、相手の価値感や世界観を作り出している要素です。

では、どうしたら良いでしょうか?
NLPやコミュニケーションのセミナーで学ぶ傾聴とは、
次のように行ないます。

相手の話を聞きます。
例えば、相手発の話題か、あなた初の話題かは別にして、
相手の話をとにかく聞き、必要なら質問をして、また聞いてを
繰り返します。そして、時折相手の話を要約して確認したりする

やり方はシンプルです。
この時にあなたが着目するのは、相手の話の中で、
このように考えた・感じたという時、どうしてそう考えたのか・感じたのか・
なぜそう考えたのかに目を向けることです。

そして、相手の心の中にペーシングした時、
あなたはより深い信頼関係や対人関係を築くことができます。

自分の良さを活かしたコミュニケーションを取る

あなたの良さとは何ですか?

その良さを活かすことで、あなたのコミュニケーション能力は向上します。
まあ、あなあたが、あなたの良さを知り、それを活かし始めた時、
対人関係も変わります。どう変わると思いますか?

あなたは、今以上に魅力的な人として、周りの人達や、
これから出会うん人に思って頂くことができます。

なぜか、それは本当のあなたから出ているあなたの良さを
生かしているからです。対人関係やコミュニケーション能力を
高めたいと考える時、最初は何か絡まなびます。

セミナー・講座・教室・書籍・先輩や上司・教材など様々です。
それらを学び、優れたスキルや人間心理を知ることで、
あなたの対人関係やコミュニケーション能力は良くなります。

しかし、本当の自信を身につけるためには、あなたらしさを認め
活かしていくことが必要です。それは、言い方を変えると、
今の自分を認めるということです。

他の人と比べることなく、あなたらしさを受け止め、認め、あなたの
良さを活かしたコミュニケーションを取れるようにします。
それがあなたの自信になります。

その為には、徹底して誰かを真似ることや、基本を実践することが必要です。
そして、基本が見についてきたら、あなたの良さを活かすために、
どのように使えるのかを考えましょう。

そして、考えたものを実践して行きます。すると、コミュニケーションを
通して、勝手にあなたの魅力が伝わっていきます。

そして、その時には内面に育まれたあなたの自信が外側にも現れていくのです。

わからない時は、直接聞くのもあり

相手が大切にしているものを、あなたも大切にすることで、
対人関係は良くなります。それも格段に深い信頼関係を
築くことが可能になります。

前回のお話では、相手の価値観や価値基準の高いものに
目を向けるという話をしていきました。ですが・・・

相手が何を大切にしているかがわからないことがあります。
そんな時は、どうしたら良いのでしょうか?

NLPセミナーの中で学ぶクライテリアというものを使うことです。
これを使うことで、相手の価値基準の高いものを知り、
コミュニケーションを円滑にした人や、ビジネスで結果を出した人、
男女関係が良好になった人など。多くの方が使われています。

では、どうしてNLPのクライテリアをあなたが、今から
使って行ったほうがいいのか?ここが大切なことです。
これは何かといいますと、一つの質問を使って、
相手の価値基準を引き出すことができるからです。

そして、ひとつの質問を広げたり、掘り下げることで、
相手を知ることができます。そして、相手を喜ばせることも、
満たすことも、悦ばせたり満たすために、努力することも
あなたは自在にできるようになります。

それを行なっているNLPを学んだ男性は、対人関係が
とても楽しくなったと話しています。この「楽しくなった」
ということがポイントです。

では、価値基準を明確にする質問とは何か?
ということですよね。次のように行います。

「◯◯で大切なことて何?」

という質問を相手との関係性に合わせて、話し方を変えながら、
質問してみて下さい。◯◯の中には、仕事や恋愛、お金など
価値基準を明確にしたいことを入れます。

相手の価値観に目をむける

対人関係をより良くしたいなら、どうしたらいいのでしょうか?

悩んでいる時は、突破口や解決策を真剣に求めます。
今回は、対人関係をより良くするため、あるいは改善するために
使うことのできる方法についてご紹介していきます。

何かといいますと、相手の価値観へのペーシングです。

コミュニケーションで有名なNLPやセミナーなどがありますが、
共通していることの一つは、コミュニケーションを取っている
相手の価値観を知り、ペーシングすることです。

ただし、まずは最低限の信頼関係を築くことが先です。

どういうことかといいますと、ある程度うち解けることが必要です。
下地のようなものです。ただし、対人関係が苦手であれば、それは
難しいかもしれません。

ですので、相手に合わせるペーシングを使います。
相手に合わせた話し方や声の出し方などを行います。

それで何が得られるかといいますと、マイナスではない状態です。
相手にとって、嫌な感じ、話したくないなどの警戒心や嫌悪感を
抱かれていなければ大丈夫です。

その上で、コミュニケーションの中で、あいたが大切にしていることや
興味を持っていることを聞きます。質問が苦手でも、相手の話を聞いている中で、
この人はこういうことが好きなんだ、こういうことを大切にしているんだ。

ということが見えてきます。

その価値観が分かった時、そこにペーシングしていきます。
この場合の価値観へのペーシングですが、やりかたはシンプルです。
相手の価値観に関する話を話題にして会話をします。

他にもありますが、対人見解が苦手な場合は、まずは今のように
聞き役に回ることでも、コミュニケーションを取りやすくなります。

相手が嫌がることをしない

対人件関係で必要なラポールについて覚えていますか?

ラポールとは、相手との信頼関係を築くことですので、信頼関係
を築くためのポイントを押さえることが大切になります。
同時に、もうひとつ大切なことがあります。

今回は、そのもうひとつの大切なことについてご紹介していきます。

それは、マイナスのことをやらないということです。
対人関係で考えますと、次の2つが考えられます。

1、信頼関係を崩す(壊す)行動
2、相手が嫌がることをしない

1番と2番は同じ意味で捉えても大丈夫です。

何かといいますと、信頼関係を築く前も築いた後も、
相手が嫌がることや、不快に感じることをしないということです。

あたり前のことですが、無意識にそういうことをしてしまっていることは
多々ありますので、注意が必要となります。

例えば、どういうことに気をつけた方がいいのでしょうか?
無意識に行なってしまっている可能性が高いものをお伝えします。

・相手や相手の話を否定する
・人の話を聞かないで、自分の話ばかりする
・相手の反応を無視して、気持ちに気付こうともしない
・相手の話を遮る
・相手のリズムと合わない

などです。

他にもいろいろとありますが、相手が違和感や嫌悪感、不快感を
感じるであろうことを止めるということが大切です。

その為に考えるべきことは、
1、相手にとって嫌なことは何か?
2、自分がされたら嫌なことは何か?
3、心理学的に、人が違和感・嫌悪感。不快感を感じることは何か?

という視点で考えてみるとイメージしやすいかもしれません。

まずは、信頼関係を意識する

コミュニケーションにおいて、大切にしていることは何ですか?

対人関係でのコミュニケーションでは、いろいろな人が
いますが、もしも次のようなコミュニケーションの取り方を
していたら、ご注意が必要です。

・自分の話ばかりする
・自慢話ばかりする
・人の悪口ばかり言う
・相手の話を聞かない
・一方的な会話をする
・相手の話を否定する

いかがですか?

仮に、この状態が許されるとしたら、
既に、あなたが信頼関係を回りの人達と築けているか、
余程のメリットを提供しているかでしょう。

キャラクターとして定着していても、
そこに信頼関係やメリとが存在していなければ、
周りの人にとって、うるさい存在でしかありません。

では、コミュニケーションにおいて、
何が大切なのでしょうか?

あなたが、同意する市内に関係なく、
相手からの信頼や好感です。

相手にとって、あなたは信頼に足る人ですか。
あなたは好感を持たれていますか?
安心感を与えていますか?

実は、コミュニケーションに関して、
深い学びを得られるNLP心理学には、ラポールがあります。

ラポールとは、信頼関係のことです。

コミュニケーションの前提とされています。
まずは、ラポールを築いたところから、人間関係を
育んでいくことができます。

では、ラポールを築くためにはどうしたらいいのでしょうか?
それは、相手にとって、まずは安心できて、好感の持てる存在になることです。

その為に、相手にペーシングをしていきます。
ペーシングに関しては次回に、詳しくお話ししますが、
練習次第で身につけることのできるテクニックです。